So-net無料ブログ作成
検索選択

明日は♪♪ [その他]

実は、明日はちょいと楽しみな日なんです。


ガレージへの新しい仲間を迎えに行きます!



さて、どんな仲間が増えるのか。

ちょっと寒そうだけど、そんなのへっちゃらさ!って感じ。

このウキウキ感、久しぶり。

N-BOX トランポ [その他]

本日の収穫。


N-BOXはミニバイクならトランポになります。

我がチームメンバーがバモスからN-BOXとなり、果たして積めるのか積めないのか議論していましたが、当初助手席も外さないとダメなのでは?とも思いましたが、意外や意外、あっさり積めました。
こういった情報探している方、ミニバイクなら(斜めになりはしますが)意外と余裕で積めますよ。

CIMG0983 (800x600).jpg
ほらすっぽり。


今回のポイントは、
CIMG0988 (800x600).jpg
分かりずらい写真ですが、助手席を前にスライドしてリアシートとの隙間に同じような高さの物を置けば(今回はちょうどガソリン携行管がぴったり)、そこにフロントタイヤを乗せられるので、そのままピラーにフロントタイヤを押しつけてタイヤストッパー替わりにします。


CIMG0986 (800x600).jpg
ほら。


CIMG0984 (800x600).jpg


CIMG0987 (800x600).jpg


CIMG0985 (800x600).jpg
リアゲートとの隙間はギリギリですが、概ねミニバイクなら乗るでしょう。

さすがにバモスの時はまっすぐ乗せられましたが、N-BOXではそこまでは無理でした。
N-BOXプラスは荷室が斜めになるらしいので、その辺が逆に使いづらそうとのことでN-B0Xにしたようですが、結果大正解でしたね。

車自体も随所にバモスより高級感が増していて、良い感じです。

荷室の高さはずいぶん余裕があるので、何も外さずともバイクを飲み込みました。

どなたかの参考になれば幸いです。



ちなみに、私もハイエースの前はバモスホビオに乗っていましたが、その積載性たるはハイエースにも負けないほどでしたよ。
ハイエースはミニバイクと荷物満載で人が5人乗れますが、さすがにホビオは満載すると人は2人まででしたが、フラットでスクエアな荷室はうまく積めば荷物はかなり入ります。

実績としては、
・BUELL XB-9Rをまっすぐ積み+工具一式で助手席に子供。荷室に座椅子を置いて大人1人。

・ミニバイク1台を助手席後ろにまっすぐ積み
 後部座席は6:4だったので1つは残して大人3人とレース道具、装備全部乗せ

・ミニバイク2台
 荷室にまっすぐ2台入ります。
 その状態で助手席は一応使えます。

といった感じで、かなり積めました。
上記3パターン状態ではすべてツインリンクもてぎの南口の坂道を登りましたので(さすがにエンジンはターボ付きでした)、バモスホビオは軽バンの中ではかなり使えるヤツだと思います。


トライアンフ タイガー800試乗 [その他]

寒くなるとバイクや車いじりの機会が無くなってきますね。

それでもちょいちょい小一時間程度乗ったりはしています。
走り出せば意外と乗れるけど、走り出すまでが寒いですね。



さて、夏にはハイパーモタードを試乗してみましたが、ロングツーリング可能なバイクへの興味が尽きず、最近は「アドベンチャー」カテゴリーに興味が・・・。

このクラスといえば、BMWの1200GSですね。
アドベンチャーというカテゴリーが認知されたのもGSのおかげですからね。
特にヨーロッパでは絶大な人気で、各メーカーがこのカテゴリーに新型を投入しているのはそのためです。

日本ではまだまだマイナーカテゴリーで、なんで各社がそこに新型投入するんだろ?って思っている人も多いのではないかと。
自分も数年前まで全く興味がないし、バイク乗りだした若い頃は絶対に乗らないバイクだと思っていた位です。

しかし、年齢のせいなのか、バイクに求めるものが変化したのか、最近はアドベンチャーへの興味がふつふつと湧いてきたのです。
ふらっと出かけて400キロくらいのツーリングを余裕でこなすバイクに乗っていろいろなところに行ってみたいですね。
もともと、学生の頃はそういったバイクの使い方をしてて北海道ツーリングにも行っていたのですが、ここ10年位はかっとび系がメインでした。
そっちはそっちで好きなのですが、やっぱりロングツーリングも好きみたいです。




前置きが長くなりましたが、ということで最近の調査対象の1台、トライアンフのTIGER800を試乗した来たわけです。
20101210_03.jpg

これより大きい、タイガーエクスプローラーという1200GSに真っ向勝負のもあるのですが、いかんせんでかい!のでミドルクラスの800で充分かなと。
このクラスも競合が多くて、BMWでいえばF800GS、スズキはV-STROMなど。
他はNC700Xとかオンロードよりのも多いですが、私はもうすこし無骨なイメージが好きなので、同じタイガー800でも上の写真よりもOFFイメージを強くした、
triumph-tiger800XC.jpg
TIGER800XCがいいですね。
ホイールがスポークホイールになってたり、フロントが21インチだったりとOFFロードよりのバイクになっています。

今回は普通の800が近所のトライアンフディーラーに試乗車があるようなので行ってきました。

続きを読む


東京モーターショー [その他]

2年に1度。

今年も行ってきました。
ここ3回ほどは長男と2人で行くのが恒例となっていました。

子供と行くとゆっくり見れないのですが、自分も昔のように全ブースをじっくり見る体力も無く、逆に2人での旅も楽しいのでちょうどよかったのですが、今回は長女もつれて3人で。




経験からしてどうせ3時間程度しか見る体力もなさそうだし、ゆっくりと家を出て行ってきました。
CIMG0807 (800x600).jpg

続きを読む


パッシブラジエーター 加工取り付け リベンジ [その他]

先週、失敗したKSC-WX1というサブウーハーのパッシブラジエーターを他社製の物に加工取り付けするというやつ。

1週間通勤で使ってみましたが、特定の周波数でビビり音がして全然ダメ。
別な周波数では風切音もちょっとする。


毎日通勤で聞きながら考えてみましたが、ビビり音はどこかが振動しているから出ているはずで、その理由は自分が作ったパッシブラジエーター周辺であることは間違いありません。




なので、悪あがき的にリベンジすることに。
というのも若干の思い当たる節もあったりしたので。

続きを読む


パッシブラジエーター 加工取り付け [その他]

先日壊れた、ケンウッドのKSC-WX1というサブウーハーのパッシブラジエーター。


新しいのを買おうかといろいろ物色するものの、このまま終わるのももったいないので、どうにかならないかなぁと、壊れたラジエーターを見ながら、既製品のパッシブラジエーターを探していました。


そしたら振動版の径が一番近い、Peerless 830880 5.25インチ ミニパッシブラジエータという製品を発見。
送料込で3000円しなかったので、勢いで購入。
パッシブラジエーターってスピーカーとの周波数の相性があるみたいなので、はっきりいって冒険です。
素人的に、同じ大きさならおんなじように鳴るでしょ、って安直に考えました。


今回はその作業日記です。



CIMG0682 (800x600).jpg

続きを読む


レッドバロン ステップアップ試乗会 [その他]

今日は、会社の友人とレッドバロン主催が那須モータースポーツランドで行う、「ステップアップ試乗会」に参加してきました。

年に何度か行われているこの試乗会。
事前申し込みは必要ですが、1000円で国内メーカーのバイクがサーキットで試乗できます。
(もちろん先導付なのでスピードは出せませんよ)


この試乗会のポイントはいわゆる中免しかなくても、大型バイクが試乗できるんですね。
なので、会社の中免しかもっていない友人を含めて4人で行ってきました。


那須モータースポーツランドって初めて行きましたが、試乗とかするのには良いですけど、レースとかはちょっと・・・ってつくりと環境ですね。レッドバロンさんが所有者となって、こういうイベントに使っているのは正解な気もします。





続きを読む


インカム導入 SENA SMH5 [その他]

以前から気になっていたインカム。


おそらく日本でのシェアNO1はb+comであろう。
一番売れているからには、きっと良い物に違いない。



でも、簡単に手の出る値段ではないなぁと躊躇していました。



周りでも導入している人は居ないし、見送っていたのですが
前々から息子とタンデムしたときに欲しいなぁと思っていました。




なので、候補としては、
1、ブルートゥースのインカム
2、有線式インカム
3、携帯のハンズフリー

の3択かなと。



有力だったのは3番。
家族通話無料を利用すれば行けるのではないかと(事実そのパターンでバイクインカムとして使っている人もおられる)。

自分はスマホにして、使っていたFOMAを通話だけの契約にすればお互いBTのヘッドセットを使って行けるはず。
ヘルメットに付けられるヘッドセットも安くありそうだし。




もう、それで行くと決めてスマホを契約。
契約終了後、
私:「今までの携帯を通話のみの契約で使いたいんですけど」
DOCOMO:「SIMのみの契約よりも携帯新規契約の方が安いですよ」
と。

新規回線数を上げたいのか、そういう料金設定になっているようです。
私:「じゃ、0円携帯って?ガラケーでいいんですけど」
DOCOMO:「当店で0円だとラクラクフォンと、キッズケータイしかありません」

・・・

なんか、めんどくさくなってやめました。
ということで携帯利用のインカムはあきらめていました。




が、今度息子と泊まりでタンデムツーリングをすることになり急きょ必要に。

さがしてみたら、2万程度でBTのインカムがあるではないですか。
なんか買ってもよさそうな機能と値段だったので、

SENA SMH5D-01 DUAL(2台)パック スクーター&バイク用インカム Bluetooth3.0

SENA SMH5D-01 DUAL(2台)パック スクーター&バイク用インカム Bluetooth3.0

  • 出版社/メーカー: SENA(セナ)
  • メディア: Automotive

アマゾンで買ってみました。
CIMG0010 (800x600).jpg


これ、インカム入門の私にとっては最高ですね。
他社製品を使ったこと無いので何とも言えませんが、タンデムでの会話、携帯の着信、音楽とフル機能で楽しめます。

これからのツーリングライフに変化をもたらせてくれそうな一品です。





取り付けを簡単に紹介

取り付けはこちら


デジカメ新調 そしてEye-Fi [その他]

まだ?2年ほどしか使用していないデジカメ。

DSC_0013 (800x450).jpg
カシオ、EXILIM 。

Gショックみたいなモデルです。
これは耐ショック、防水性を売りにしたデジカメです。

画質はいまどきのスマホに劣るとも勝らないカメラでした。
最近はブログ写真専用カメラだったので画質はどうでもよかったんですが・・・。



今年の猛暑の日、外で作業をしながら使っていたら、10分ほど工具箱の上に置いて作業していたら




「電源が入らない・・・」




そう、暑さでやられました。
ショック、水には強かったけど、暑さには弱かった?というか今年の猛暑がやばかった。





ということで、最近はスマホで代替していたのですがやっぱり使いづらいし、ツーリングとかでは一眼レフは不便だし、ということで、新調することに。



現代なら5000円程度で買えるのかと調べたら、さすがに5000円はなかったけど、6700円で、
DSC_0014 (800x450).jpg
DSC_0015 (800x450).jpg
12倍ズームのZS160というモデルが買える時代です。

同じ充電池も使えるし、今回もカシオにしました。




画質は今までのに比べれば相当よさそう。
ただ、シャッターから撮影までのディレーが長くて、子供の動きには弱そうかも。





そうそう、デジカメを調べていたら最近はwifi内蔵が普通なようですね。
ただ、何に使うのか?って感じ。
wifiあったらなぁって思ったことないし。
デジカメで撮った写真をすぐにSNSに投稿する人は便利みたい。


じゃ、自分には関係ないな。





でも、最新機能に興味がある。


DSC_0011 (450x800).jpgDSC_0012 (450x800).jpg
買ってみました。

これはSDカード自体にwi-fi機能がついているので、カメラが対応していなくてもwi-fi機能付きになるんです。



早速使ってみると、写真を撮るとすぐに登録してあるスマホに転送されます。
そこからクラウドにアップすれば、デジカメの写真をパソコンで取り込めるって感じ。

でも、通信するのでさっさとSDカード抜いてPCに刺した方が早いような・・・。

外出先でカミさんに写真送るのには使えるかな。



というか、同じカードでPCにwi-fi転送できるカードもあるみたい。
勝手からこのmobiってやつはスマホにしか転送できないことをしりました。
PROってやつはPCにも転送できるみたいなので、ご注意を。

Eye-Fi Mobi 8GB 


DUCATI ハイパーストラーダ試乗 [その他]

今日は有給だったので、夏休みの息子を連れて、千葉のDUCATIディーラーに行ってきました。

目的は、水冷になった新型ハイパーモタードの試乗です。
結構興味があったもののなかなか試乗の機会も無く、近所のディーラーに行ったら「買うなら入荷しますよ」というそっけない態度にイラっとしながら帰ってきました。
カタログもくれないし、話しかけても椅子から立ち上がりもしないでそういう態度とるのは殿様商売なんだろうなぁと思っちゃいますよね。


試乗車がある近場のディーラーとなると高崎か千葉のディーラー。
どちらも同じくらいの距離なので、昔にも行ったことある千葉の方へ。
ついでに埼玉のハイエースショップにもよれたらいいなぁと期待しつつ息子を駆り出し行ってきましたとさ。



片道3時間かけて、
P1130043 (800x600).jpg
P1130045 (800x600).jpg
目的のDUCATI 松戸へ。


平日ということもあってお客は私だけ。
息子はディーラーで3DSして待たせておいて、早速試乗。

最初各モード切替についてレクチャーされたあと乗り込みます。

キュルル、ドルドルドル。
ノーマルマフラーの割にいい音出してますね。
走っても結構いい音していて、マフラー変えたいけど爆音はちょっと・・・、みたいな感じの人には良いマフラーです。
その分国産車のような静粛性を求めている人はちょっと大きめに聞こえるかも。


えー、一番の関心事?だった足つきですが、
事前のネット情報では結構高いと聞いていましたが、ご覧のとおり、
P1130047 (800x600).jpg
結構べったりついて何の不安もありません。
ちなみに身長170センチの60キロです。
この試乗車、ハイパーストラーダは810mmとハイパーモタードよりも2センチ(だったかなぁ)程低くなっていて一番低いシートだからかもしれません。サスも違うし。
車体も軽いし取り回しの不安はなさそうです。


さて、最初はツーリングモードでの走行。
インプレとってもここ最近はBUELLしか乗ってないから比べる物が少ないですが・・・。
出だしのトルクは薄いので発進は慣れるまでちょっと回転上げてました。
慣れてくればクラッチミートに合わせて低回転から走れるようになったので慣れの問題かも。
それよりもクラッチ自体が私的にはちょっと慣れが必要でした。
DUCATI初?のワイヤークラッチは軽くて何の問題も無し。
ただつながりが、ゆっくり繋いでいく分にはいいんだけど、信号ダッシュを決めたいときとかに早めにクラッチつなぐとすごいギクシャクします。慣れの問題が80%くらいはあると思いますが、にしてもちょっと特殊なミート感覚でした。

って、走りのほうは、
800cc?って割には結構速いです。
そりゃ110hpもありますからすでにbuellのレースキット付より馬力は上ですからね。

開けたときの加速感はかなりのもんです。
後でのディーラーの人の話だと一応モタードという名前のキャラの為にピックアップよくセッティングしてあるみたいです。
スポーツモードの時はピックアップ良すぎて街乗りではギクシャクしちゃうかも。
ただレスポンスという意味では一番いい。
反してアーバンは至ってマイルド
ディーラーの近くは渋滞も多い道なのですが、そういった街乗りにはアーバンが最適です。
開け始めがダルになっているので渋滞のトコトコ走るシチュエーションではベストですね。
でも開ければちゃんと加速するし不満は無かったかな。

スポーツはせかされてる感じで常に加速してないとダメって感じ。
前にハスクのSMR乗った時に近い感じ。
なんとうか2stチック。
パワーバンドいれて常に加速しないとダメ!ってせかされている。

スポーツはその中間。
いざって時はすごい加速するし、街中をアスファルトジャングルに見立てて疾走!みたなのにはもってこいかも。



正直モード切替バイクって初めて乗ったけど、3モードのどれをとってもそつなくセッティングされてて驚いた。
勝手なイメージにあった、フルパワーが一番で他のはダメなところもあるけどそれなり。
っていう感じはどこにもない。

まさに1台で3つのキャラを持っているバイクでした。
ツーリングでのんびり、たまには峠でバリバリっていう使い方もできなく無い。

しいて言えばDBWのアクセルの軽さにはちょっと・・・。
ワイヤーを引っ張ってないから軽いのなんのって。
ゲーセンのバイク?って感じ。
ひょいって開ければ猛烈に加速しちゃうからもう少し重くても良いかなって思った。
あとシートが意外と横幅広くて内ももに角が当たる感じがする。
長時間乗ったら痛くなりそうな感じがします。
「買ったらここは真っ先に角を落とす加工に出したいな」と妄想だけは始まってました。



ま、20分かそこいらの試乗ではサスの良さとかABSとかましてやトラコンなんてわかる訳も無かったが、昔モンスターS4に乗った時みたいに試乗だけなのにクラッチ側の手がパンパンになったり、乗りづらいとかもなかったし)、DUCATIの進化が分かるバイクでしたね。



買うのか?って?
見積もりもらったら乗りだし約170万・・・。
前みたいに試乗したら熱が冷めるはずだったんだけど、あんまり冷めなかったかも。
でも、無理だなぁ。
P1130048 (800x600).jpg
このステルスブラック、かっこいい!
でもハイパーモタードにしかないカラーなんだよなぁ。
って買う気かい!って感じだけど、買い(え)ませんよ。






そうそう、試乗中信号待ちしてたら自転車にのったスーツのおじさん?から、
「新型の水冷どうです?」
って普通に声かけられた。

どうやら、空冷のハイパーに乗っているらしく興味がすごいあるとの事。

僕も試乗中なんです、って答えたら、いつもは何を?って聞くのでBUELL XBです、と。

お互い似たようなバイクで同じのに興味を持つんですねって、言われました。
確かに・・・。

青信号と共に颯爽といなくなるはずだったのに、例のクラッチギクシャク問題でかっこつかなかった・・・。





ディーラーに戻ってからは、営業さんと談笑して
「実は10年ほど前にもこちらで試乗したんですよ」
って言ったら、
「先ほどデータを見たら12年前にS4乗りにこられてましたね」
って・・・。

当たり前かもしれないけど、ちょっとすごい。
ん?ということは試乗前にカタログいります?って聞かれてせっかくなんで、ってもらったけど、
最近DUCATIのHPからカタログ請求してダブったのもばれちゃってたのかな、恥ずかしい。


でもここのディーラーは家の近所のに比べればとても良いお店でした。
12年前にも試乗したのにBUELL買ったのを知っていて、また乗るだけかもしれないのにとても親切に対応してもらい、最後まで丁寧でした。
いつになるか、あるのかわからないけどDUCATI買うときはここで買おうって思わせただけでも、将来への投資はばっちりですよ。
それに比べて近所のは・・・、って愚痴ったら終わらないですね。



P1130046 (800x600).jpg

意外とこれも興味があったりして。



いや、次は大人しくツーリングモデルにするんだもん。
っていつになるのか。

だって、やっぱBUELLって楽しいバイクだなって再認識しちゃったしね。





で、この後は、ここまでの写真はすべて息子が撮ったのですが、長旅を付き合ってくれて立派に待っていてくれたので急きょそこから電車で30分で着くことが分かったポケモンセンター東京に行ってきました。
息子も喜んでましたとさ。



2013-07-30 16.42.37 (800x469).jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。