So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイエース プロポーショニング補正 [ハイエース]

久しぶりにハイエースネタです。


先日、車検時のついでに購入していた、プロポーショニングバルブ補正キットを組み込みました。

と言っても、
CIMG1274 (800x600).jpg
CIMG1275 (800x600).jpg
このようなプレート1枚交換するだけなのでとても簡単な作業ですけどね。

ハイエースは、1トンまで積める車なのですが、仮に1トンもの荷物を積むとさすがにケツ下がりになりますよね。
その際、普通にブレーキかけるとフロントに荷重が乗ってないので、なんとなく効きが悪そうなのは想像できます。

そういった際(後ろ下がりになったとき)に、リア側のブレーキを強めにかけてくれるっていうのがプロポーショニングバルブです。
でも、ローダウンしてしまうとずっと後ろ下がりだと思ったまま走る事になるので、普段のブレーキが若干リア側が増されている訳です。
なので、それを補正するキットが各社から出ていますし、自作も簡単なのですが今回はUIビークルさんのプレート交換タイプにしてみました。

続きを読む


タイガー OBD診断機接続 [タイガー800]

先日タイガーを見ていたら、シート下に見たことある台形のOBDコネクタを発見。

OBD診断機がつながるのかなと思って調べてみたら、結構メジャーな感じ。

早速こちらを購入、



ELM327という奴です。

これはOBD診断機コマンドを出して通信し、bluetoothでスマホに飛ばしてくれるんです。
最近の車は法規で対応しておりますので、接続できると思いますが、バイクでもこのコネクタを採用しているトライアンフは先見の目があるのかな?


さて、届いたので、

CIMG1268 (800x600).jpg
CIMG1267 (800x600).jpg
タンデムシート下にある診断機コネクタに刺します。

その後、電源ONしペアリングすれば接続完了。
スマホのアプリは、ストアでOBDで検索すればいっぱい出てきます。
自分は、obdsunというアプリのトライアル版を使用してみました。


タイガーはCANでの診断機通信です。
このアプリはK-LINEでもCANでも複数のプロトコルで通信できますが、
私のはデフォルト設定でいきなり通信成功しました。

CIMG1269 (800x600).jpg
回転数です。
ただスロットルあおっても、カクカクと動くのでタコメーターには使えませんね。
表示回転と実メーターの回転数はあっています。

CIMG1270 (800x600).jpg
そのほか、デフォルトで表示できるパラメーターは結構表示可能です。
自分はタコとか要らないから、水温と電圧計の2つを大きくメーター表示してもらいたいです。
そういった個人での表示カスタマイズができないのがこのアプリのデメリットでしょうか。
他のアプリでそういったカスタムできるのある人いませんかね?


CIMG1271 (600x800).jpg
DTCコードも確認しましたが、あたりまえですが過去の故障はなかったようです。


一応通信可能でした。
いつもつなげるかは微妙ですが、ちょっと他の用途での使い身を考えてみようと思います。


なんかいまどきのバイクって感じですよね。
バイクにもいよいよOBDですね。


タイガー 初タンデム走行(スタマタキス) [タイガー800]

先日、新しいオーナーへフォルツァを持って行った際に、1つ書類を忘れていたので、一度家に帰りタイガータンデムで再度訪問することにしました。




急きょ、フォルツァに付けていたタンデム用チャイルドシート「スタマタキス」を装着。
DSC_0262 (800x450).jpg
このシートは、後ろの2本が一番重要なベルトだと思います。
そのほか下側に2本あって、1本はバイクの前の方へ、もう一本はタンデムシートとくっつけるために使用する感じ。
ただ今回は装着の時間が無かったので下側2本はタンデムシート下に追いやっただけ。
後ろの2本を、
DSC_0264 (800x450).jpg
トップボックスしたの、フックにひっかかるように着けただけです。


DSC_0265 (800x450).jpg
こんな感じ。

これでがっちり着いています。
DSC_0263 (800x450).jpg
これで往復30キロ走ってみましたが、もう少しトップボックスに近づけた方が良いのかも・・・。

今までのフォルツァのように途中で寝てしまったら片手運転しながら左手で子供の体を抑えるのはできなくなってしまいました。
これはクラッチがある以前に、シート位置の問題が大きいようです。
長男(4月から小3)は後ろで寝ても起こせば起きるので大丈夫ですが、長女、次男の場合はこのバイクではまだ無理だと思います。

やっぱり子供とタンデムはスクーターが便利だと思いました。

長男にどっちのバイクが乗りやすい?って聞いても明確な答えが返ってこなかったのは、おそらくフォルツァの方がよかったのだと思います。


DSC_0260 (800x450).jpg
でも、この寒い中しっかり後ろに乗ってくれた長男に感謝。
いつの間にかタイチのジャケットもぴったりだし、タンデムステップに普通に足が乗っかるようになって成長を感じるタンデムでした。

そうそう、バイクの排気音も大きくなったのでインカムなければ話すことは厳しくなりました。
インカムで、今年はこれで泊りツーリング行こう、といったら元気な声で「うん」と帰ってきたときはうれしかったです。

今年はキャップツーリングに行きたいなぁ。



 

 

 

 

 

 


今年初走行 [ビューエル]

今年初のBUELLでの走行。

昨日息子とタンデムしたコースとまったく同じコースを走ってみましたが、びっくりするほど乗れてなかった。

でも慣れて来るとやっぱりビューエルは楽しいバイクだ。






フォルツァ ドナドナ [フォルツァ]

本日、5年間所有したフォルツァ君が新しいオーナーの元に旅立っていきました。

去年は息子とのタンデムお泊りツーリングや、通勤などに活躍してくれたマシンです。
ビッグスクーターというイメージを良い意味で変えてくれたのも事実。


タイガーを手に入れ、ガレージの面積の問題と保険の都合上、新しい引き取り手を探す必要があった訳です。


新しいオーナーは私の家から30分もかからない隣町のバイク好きの人です。
フォルツァを大事にしてくれそうということもあり、そちらで使っていただくことに。


すでに廃車しているので、お家までお届けするので、
DSC_0250 (800x450).jpg
ハイエースに積みました。

家のガレージで、一番縦横にながくて面積くっていたフォルツァ君。
DSC_0251 (800x450).jpg
一応すっぽりはまりますが、


DSC_0255 (800x450).jpg
セカンドシートをたたまないと入りません。

DSC_0253 (800x450).jpg
ギリギリです。


DSC_0256 (800x450).jpg
このスタンドは積むときとても便利です。
ヨイショって、フロントタイヤを入れたら手を離しても倒れません。
タイダウンは一応の補助って感じ。



DSC_0257 (800x450).jpg
リアゲートはギリギリでした。


新しいオーナー様に息子と2人で届けに行ってきました。
息子もたくさん思い出があるのにぃ、と悲しんでいました。


息子よ、次からはタイガーで行こうね。
娘、次男よ、君たちには別なマシンがあるからね。ん?・・・どういうことでしょうか・・・、後日報告します。


タイガー800 性能確認ツーリング [タイガー800]

月曜のハイエース車検後、名義変更も完了し晴れてmyバイクとなったタイガー君。


気温も15℃まで上がるというので、午後から慣れも兼ねてツーリングに出かけました。
バイクの素性が分かるように、空気圧もマニュアル規定値に、サスも標準にセットして出かけました。
タイガーはフロントは調整機能なし、リアは伸びとプリだけ調整できます。
伸びは標準でもがっつり効かせるセッティングみたいですね。



とりあえず、走りなれた道をと思って、
CIMG1193 (800x600).jpg
尚仁沢という湧水で有名な場所で休憩。

平日なのにたくさんの人が水を汲みに来ていました。

CIMG1191 (800x600).jpg
ここまで、ちょっとした山道なのですが、
タイガー君、なかなか良い走りをしてくれます。

800ccとはいえ100ps以上ありますので、6速からでもアクセルだけでぐいぐい加速。
コーナリングは、リアから曲がっているというか、独特なハンドリング。
軽量なオフロード車ならフロント沈めてフロント荷重で曲がっていくんだけど、そういう乗り方のバイクではないですね。
リーンウィズでしっかり荷重をかけて曲がれば素直に曲がって行きます。

が、さすがにBUELLのようなクイックさは無いので、調子に乗るとアンダーっぽくなって曲がりません。

でも、攻めるバイクではありませんが、攻める気になっちゃうバイクですね。
特にこの時期の湿った道路とかでも気負いなく入れるのはオフロードポジションのおかげなのかな。

ちょっと気になるのが、排気のエアインジェクション(ついてるよね)だと思うんだけど、TH全閉での減速時にマフラーん中でカンカン音が鳴るのが多いかな。
最初鉄の玉でもマフラーに入っているのかと思ったくらい。
アフターパーツのサイレンサーとか入れたら目立つような音なんだけど、大丈夫なのかな。


ブレーキはとりあえず申し分なし。
長足だし、タイヤもトレールタイヤだしがっつりかける気にはならないけど、癖もなく効いてくれます。

そうそう、メーターにギアポジション表示が出るのって意外と便利ですね。
今までトップに入れててももう1個ないかな?ってあげてみたりしてたけど、表示で6速て出てるとそれをしなくて済むし。

ピックアップが良いのでダラダラと流すのは苦手かも。
6速でもちょっとはあるので、アクセルワークをラフにするとピッチングに出ちゃいます。




さて、ここまで1時間くらいしか走ってないので、
初めてのETC付のバイクでもあるし、高速道路テストに持ち込むことに。


CIMG1194 (800x600).jpg
ETC本体にカードをセットして、


CIMG1195 (800x600).jpg
インジケーターが緑に光ったらOK。


ゲートをくぐる時はドキドキしたけど、難なく通過。


そこから30分ほど高速を走りましたが、高速道路、思ったより快適ですね。
高速こそ6速固定で追い越し車線へも加速して入って行けるし、それなりの速度まではあっという間。

巡航中の排気音なんかヒューンってジェット機みたいな音だし。

小さいながらもスクリーンが機能していてちょっと伏せれば概ね風はシャットアウト。
ラジエターのふくらみもあって、ニーグリップしていれば膝への風もそんなに当たりません。

この時期の高速なのに冷え切る事も無く走れました。




これは、高速使ってのツーリングに期待が持てる結果となりました。

そう、今回の目的の1つのポジションの確認。
多くのタイガー乗りは数センチアップのブラケットを付ける。
日本人にはちょうどよいらしい。
自分は、んー、わからないなぁ。
最初は遠いなぁと思ったハンドルも、後半はもう少し低くても良いのではと思ってみたりして、走りながら低いポジションと高いポジションを想定してみたりして。
一番はちょっと絞りたいかな。
どうしても腕が伸びるし、自分は今までのバイクって絞る方向のポジションのセットが多かった。
でもハンドルバーって、選ぶの難しいんだよなぁ。

しばらく悩んでみよ。







早くタイガー用のヘルメットが欲しいなぁ。



そうそう、いまだにメーターの使い方とか何を表示しているのかわからない・・・。
瞬間燃費とか走行時間とか、平均燃費とかでるらしいのだけど、どれがどれだか。

ま、それ以外は電子デバイスが無い(ABSくらい?)ので覚える事はなさそうだけど。


エムテクノ MTS カーボンワッシャー [ハイエース]

車検で取り付けたカーボンナンバーフレーム


それを買った際におまけでもらった、
CIMG1185 (800x600).jpg
ドライカーボンのワッシャー。

それを封印されていないナンバーボルトに使いました。


CIMG1188 (800x600).jpg
ステンのボルトでもよいんだけど、前から使っているアルミの黒いボルトにして、



CIMG1189 (800x600).jpg
キャップをかませば、真っ黒仕様。
近くで見なければカーボンだなんて気づきません・・・。
ま、おまけですから。



CIMG1190 (800x600).jpg
だから何?って感じですね。

以上

ハイエース 車検&再封印 [ハイエース]

今年も行ってきました。

4ナンバーの特権?毎年車検。



ブレーキも交換し、オイル交換も完了していたのでほぼ準備OK。
一応、去年指摘されたカーボンフリッパー(カナード形状につきNG)は外して、車内を綺麗にしてエンジンフードがすぐに開けられるようにしていきました。


CIMG1170 (800x600).jpg
今日も混んでいたなぁ。

今年の不安点は、DEPOヘッドライトのHI,LO同時点灯できず(過去問題無かったが、どうやら厳密にはNGらしく部品手配するも間に合わず)、あとは去年の車検後に追加したローフォルムフェンダー(オーバーフェンダー)。
フェンダーは、片側9mmなので問題無いはずなのだが、なんかドキドキ。



でも整備はばっちりだと思うので、そこは自信をもって行きました。

続きを読む


トライアンフ タイガー800 仲間入り [タイガー800]

じゃじゃーん!


CIMG1149 (800x600).jpg
本日、トライアンフ tiger800君がガレージの仲間入りとなりました。



いやー、うれしいっす。




アドベンチャーバイクで旅にでるぞー。


続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。