So-net無料ブログ作成
検索選択

サブウーハー パッシブラジエーター破損 [ハイエース]

最近、ハイエースのサブウーハーが大きめで鳴らすと、ビヨンビヨンって変な音が出るようになっていた。


最初はその上にあるごみ袋の中のセブンイレブンのソフトクリーム型アイスのケースが共振して鳴っているのかと思っていたら(まさしくそんな音)、ごみ袋撤去してもなるし・・・。


早速外してみました。

CIMG0580 (800x600).jpg
ケンウッドのKSC-WX1っていうずいぶん昔のサブウーハー。

ケースはホントは銀色だったんだけど、ハイエースに積むときにLED仕込んで黒く塗っています。

このウーハーは、前車のバモスを買ったときに付いていたのをそのまま移植しているので、私の手元に来てから7年ほど使用なので、10年ほど使われているのではないでしょうか。

そりゃ経年でどっか壊れるよなぁと思いながらばらします。




ケースを開けると、
CIMG0581 (800x600).jpg
いまどきありえないほどのリード部品と隙間だらけの基板が・・・。
アンプですね。

コネクタの赤黒の配線はLEDように分岐している配線です。


基板を外してさらにケースを分割すると、
CIMG0582 (800x600).jpg
見えました、スピーカー

さて、以前ばらした時に左の黒い方が電気も通ってないことは知っていました。
右は普通のスピーカーなので、左側は視覚的に振動していることが見えるための、見世物振動版だと思い込んでいました。ようは、かっこだけのスピーカー?的な。


でも、今回修理できるか調べてみたら、このウーハーってパッシブラジエーター方式っていう方式のウーハーらしく、左のやつは低音を鳴らすための重要パーツらしいじゃないですか。
詳しくはわかりませんが、右のスピーカーから出てくる低周波な音波をこの左の振動版が音として出しているようです。
一般的なズんドコ言っているウーハーや、サブウーハーはバフレス式と言って、空気が出る筒状の穴が開いているのが一般的。
大きなサブウーハーは密閉式なのもあるようですが、相当パワーがいるみたいね。

そのパッシブ方式は箱の体積(空気量)がバフレス式に比べて少なくてすむのがメリットなようで、確かにこのWX1もアンプが入っている1層目の上にあるスピーカー室の2層目は容量はかなり小さいけど、今まで普通に鳴っていました。
ま、私は音響にはこだわりは大して無いので、低音が出てれば良いって程度の人間なので当てになりませんが。


さて、そのパッシブラジエーター。
CIMG0583 (800x600).jpg
これね。
外してみました。



CIMG0585 (800x600).jpg
見えるかな?

中央の金属の振動板と周りのコーンの継ぎ目が割れていて隙間が・・・。
これが微妙に振れて不快音が出ていたようです。

CIMG0587 (800x600).jpg
これはわかるかな?
がっつり割れています。




さて、予想通り割れているわけでしたが、これからどうしようかと。
世の中の強者は和紙とシリコンで直す人も居るようですが・・・。

ラジエーターだけ打っていないかネットをサーフィン(古!)しましたが、
ほとんど売っていない上にドンぴしゃのサイズのなんか全然ない。

オクで調べても、5000円とかで落ちてるし、安いと思ったら同じようにラジエーターが割れている物みたいだし。



ダメ元で、ケンウッドのカスタマーセンターにメールしてみたら、次の日には返信が来て、部品は廃版ですでに在庫も無いとの事。

はっぽうふさがりなのでちょっとどうしようか考えます。

無難に買い替えでもいいんだけど、せっかくだし自作も検討しよっかな。


自作は、なんだかラジエーターのサイズや共振周波数が決まらないと音鳴らないみたいだし、そもそもボックス作るのも大変そう。
しばらく悩んでみます。

低音無い車内はすんごくさみしいので、我慢できずに買い替えするかも。
最近は150wクラスが主流で、今までの100wとの違いも気になっていたりして。


motoGP日本ラウンド [レース]

行ってきました。
昨日のmotoGP。

なんてったって、今年はマルケスの活躍でどのレースも面白いですからね。

それがいつも行っているモテギであるんですから、今年は初めてチケットを事前に買っていく気満々でした。


ホントは土曜日から行きたかったですが、台風の雨により断念。
逆に日曜はすばらしい秋晴れで、ライダーの数も半端なかった。

CIMG0569 (800x600).jpg
9時に到着したら、南ゲートから入って坂を上ったいわゆる滑走路にはたくさんのバイクが・・・。



ここから徒歩でゲートに向かいます。


ループバスがあるはずだけど、全然来なかったし・・・・。




CIMG0570 (800x600).jpg
途中の旧ダートラ駐車場のバイクの数もすごかった・・・。



さすがmotoGP、レプリカバイクの割合が多い。



そのまま中央ゲートに行くと、
CIMG0572 (800x600).jpg
いろんなイベントがあるなか、なぜかゼロハン試乗とかで、ギャグとかNS50Fとかの試乗会があったけど、大して人気が無かった。
確かにここまできてわざわざ50ccは乗らなくてもって感じなんでしょう。



しばらく徘徊して、そろそろ交換時期だったbuellのハンドルグリップを購入。
普段あんまり見ないdomino製のが置いてあったので。
buell乗るようになってハンドルグリップが消耗品だってことが分かりました。
これで4セット目かな。
すぐに減るんだよね。
今のはアリーテって読むのかな?
どこかのヨーロッパメーカーのだったけど、柔らかくて結構好きだった。
その分減りも早かったけど、次のdominoにも期待です。



いよいよレース観戦。
今回は自由席より1つ高級なC/D席を購入。
まずはD席へ。
ようはストレート手前のビクトリーコーナー前席です。


1人だったので適当に空いている所に座って、オープニングセレモニーを。
(今回はじっくり見たかったので1人できました。子供がいると飽きちゃって大変だし、子供も同じようなバイクが走っているレースを見せられてもかわいそうだなぁと)。


セレモニーでは、
P1130615 (800x600).jpg
茨城の百里基地から戦闘機が飛んできた。



moto3は、栃木出身のセナ君を応援。
スタート失敗したみたいで後ろに落ちちゃったけど、着実に順位を上げていました。
今年の全日本でも調子よかったし、期待しています。



その後、moto2.
ここではもちろん中上君に期待。
でも予選では、23位?位という雨に翻弄されて調子悪かったみたいなポジション。
どこかなぁと探していましたが、どうも放送と自分の追っているバイクが合わないなぁと思ったら、
どうやら日本GP専用カラーリングで、赤白の日の丸カラーだったのを途中で気づきました。
P1130663 (800x600).jpg
中上君も最後は9位フィニッシュで、怒涛の追い上げレースで頑張っていました。
上位スタートからの争いを見たかった。
でも、今一番上位にいる日本人ライダーですから、来季も同チームから参戦みたいだし、優勝姿も見たいです。

P1130676 (800x600).jpg
優勝はポルエスパロガロ選手。

オメデトウ!


さて、次は最後のmotoGPですが、ここまでのレース中、後ろのおじ様がどうもうるさくて、我慢できずにC席(1コーナー側)に移動することに。
だって、「レースしたことないやつが観戦くるんじゃねー」って大声で言ってみたり、ずっと文句言っていてそれを聞かされるこっちのことを考えてくれって感じ。


さて、C席は1コーナーの入りが見える場所でした。
P1130683 (800x600).jpg
とその前に、スペンサーがNSRで走っていました。




P1130690 (800x600).jpg
関係ないけど、NRがあったので撮ってみた。
もう20年くらい前のバイクになるけど、いまだに目を引くね。
俺が高校生のころはみたら幸せになるっていう都市伝説があったくらい。


P1130702 (800x600).jpg
さてmotoGPは、ロレンソ選手の圧勝でしたね。
途中マルケスが追い付いてきた時にはリアのソフトを選んでいたロレンソの負けか、と思ったのにそこからスパートしたロレンソはさすが王者って感じ。

マルケスの1コーナーでのパッシングを期待していましたが、何も無く終わってしまいました。
が、やっぱ世界の走りはすごいねぇ。

中須賀選手も頑張っていましたし、ロッシの追い上げもすごかった。

そうそう、1コーナーはロッシとマルケスだけラインが違うように見えた。
その2人はバイク1台分アウトのラインで1コーナーのクリップに付くのね。
ずっとランデブーしていたペドロサとマルケスの違いははっきりしていた。


そんな感じで見れたのも楽しかった。

ゴール後は表彰式を。
P1130794 (800x600).jpg

そこで、
P1130733 (800x600).jpg
いつもうちのチームを撮影してくれるカメラマンさんが、no193を付けてメディアに居たので撮影。

あのメディア台からパークフェルメのライダーが見えるんだよねぇ。
我々からはたまに帽子が見えるくらいだったけど。



と、じっくり見れて楽しかったmotoGP。
来年も行きたいし来年は、90°コーナーとかでも見てみたい。



さて、最終戦までもつれたチャンピオンは誰になりますかねぇ。


北ショート最終戦 [レース]

最近忙しくてすっかり放置でした。


そんなか、先日の日曜日、シリーズ参戦しているもてぎ北ショートコース選手権の最終戦がありました。
ホントは9月に第4戦があったのですが、アクシデントにより不参戦。

しかし、そのレースは台風の影響で当日予選までやったところで中止したとのこと。


去年はコースが陥没して全4戦、今年は台風で全4戦の年となりました。




さて、最終戦!
年間チャンピオンを!


って言いたいところですが、今年は自分たちのDE耐エンジョイクラスは結局年間通して我々しかエントリーしないという状態でした。
耐久クラス全体が軒並みエントラントが減ってしまいましたね。
北ショートに出始めた7年ほど前は、クラス30台の枠が初日でいっぱいになるというほどの盛況ぶり。
エントリー初日に用紙が届くように苦労したもんですが、今や3クラス混走で10台程度。


うーん、マンネリしたんですかね。


ということでチャンピオン争いの無い最終戦。



当日は、秋晴れの中・・・、と言いたいところですがまさかの大雨。
レース人生の中では一番の強さの雨だったのでは?
というほどの雨でした。

なので写真も多くなく・・・。

CIMG0764 (800x600).jpg
スタート前、一時的に雨も弱くなたのですが、スタートするころにはまた大雨に。



CIMG0767 (800x600).jpg
コースの一部は川のようになっていました。


CIMG0774 (800x600).jpg
伝わるかな?





CIMG0768 (800x600).jpg
レインタイヤってやっぱすごいなぁと感じながら、最終戦に転倒してもなんだし慎重に走りました。



CIMG0776 (800x600).jpg
ということで無事完走。

そのころにはまた大雨状態。
このあと片付けも大変でした。


帰ってきてからはいろんなものをガレージ内で干して、今もまだ乾燥中だったりします。




今年はDE耐!で優勝しましたが、北ショートでは一度も同クラスのバトルも無く・・・。
ま、色々マシン以外のトラブルはありましたが、無事に終われてよかったです。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。