So-net無料ブログ作成

DUCATI ハイパーストラーダ試乗 [その他]

今日は有給だったので、夏休みの息子を連れて、千葉のDUCATIディーラーに行ってきました。

目的は、水冷になった新型ハイパーモタードの試乗です。
結構興味があったもののなかなか試乗の機会も無く、近所のディーラーに行ったら「買うなら入荷しますよ」というそっけない態度にイラっとしながら帰ってきました。
カタログもくれないし、話しかけても椅子から立ち上がりもしないでそういう態度とるのは殿様商売なんだろうなぁと思っちゃいますよね。


試乗車がある近場のディーラーとなると高崎か千葉のディーラー。
どちらも同じくらいの距離なので、昔にも行ったことある千葉の方へ。
ついでに埼玉のハイエースショップにもよれたらいいなぁと期待しつつ息子を駆り出し行ってきましたとさ。



片道3時間かけて、
P1130043 (800x600).jpg
P1130045 (800x600).jpg
目的のDUCATI 松戸へ。


平日ということもあってお客は私だけ。
息子はディーラーで3DSして待たせておいて、早速試乗。

最初各モード切替についてレクチャーされたあと乗り込みます。

キュルル、ドルドルドル。
ノーマルマフラーの割にいい音出してますね。
走っても結構いい音していて、マフラー変えたいけど爆音はちょっと・・・、みたいな感じの人には良いマフラーです。
その分国産車のような静粛性を求めている人はちょっと大きめに聞こえるかも。


えー、一番の関心事?だった足つきですが、
事前のネット情報では結構高いと聞いていましたが、ご覧のとおり、
P1130047 (800x600).jpg
結構べったりついて何の不安もありません。
ちなみに身長170センチの60キロです。
この試乗車、ハイパーストラーダは810mmとハイパーモタードよりも2センチ(だったかなぁ)程低くなっていて一番低いシートだからかもしれません。サスも違うし。
車体も軽いし取り回しの不安はなさそうです。


さて、最初はツーリングモードでの走行。
インプレとってもここ最近はBUELLしか乗ってないから比べる物が少ないですが・・・。
出だしのトルクは薄いので発進は慣れるまでちょっと回転上げてました。
慣れてくればクラッチミートに合わせて低回転から走れるようになったので慣れの問題かも。
それよりもクラッチ自体が私的にはちょっと慣れが必要でした。
DUCATI初?のワイヤークラッチは軽くて何の問題も無し。
ただつながりが、ゆっくり繋いでいく分にはいいんだけど、信号ダッシュを決めたいときとかに早めにクラッチつなぐとすごいギクシャクします。慣れの問題が80%くらいはあると思いますが、にしてもちょっと特殊なミート感覚でした。

って、走りのほうは、
800cc?って割には結構速いです。
そりゃ110hpもありますからすでにbuellのレースキット付より馬力は上ですからね。

開けたときの加速感はかなりのもんです。
後でのディーラーの人の話だと一応モタードという名前のキャラの為にピックアップよくセッティングしてあるみたいです。
スポーツモードの時はピックアップ良すぎて街乗りではギクシャクしちゃうかも。
ただレスポンスという意味では一番いい。
反してアーバンは至ってマイルド。
ディーラーの近くは渋滞も多い道なのですが、そういった街乗りにはアーバンが最適です。
開け始めがダルになっているので渋滞のトコトコ走るシチュエーションではベストですね。
でも開ければちゃんと加速するし不満は無かったかな。

スポーツはせかされてる感じで常に加速してないとダメって感じ。
前にハスクのSMR乗った時に近い感じ。
なんとうか2stチック。
パワーバンドいれて常に加速しないとダメ!ってせかされている。

スポーツはその中間。
いざって時はすごい加速するし、街中をアスファルトジャングルに見立てて疾走!みたなのにはもってこいかも。



正直モード切替バイクって初めて乗ったけど、3モードのどれをとってもそつなくセッティングされてて驚いた。
勝手なイメージにあった、フルパワーが一番で他のはダメなところもあるけどそれなり。
っていう感じはどこにもない。

まさに1台で3つのキャラを持っているバイクでした。
ツーリングでのんびり、たまには峠でバリバリっていう使い方もできなく無い。

しいて言えばDBWのアクセルの軽さにはちょっと・・・。
ワイヤーを引っ張ってないから軽いのなんのって。
ゲーセンのバイク?って感じ。
ひょいって開ければ猛烈に加速しちゃうからもう少し重くても良いかなって思った。
あとシートが意外と横幅広くて内ももに角が当たる感じがする。
長時間乗ったら痛くなりそうな感じがします。
「買ったらここは真っ先に角を落とす加工に出したいな」と妄想だけは始まってました。



ま、20分かそこいらの試乗ではサスの良さとかABSとかましてやトラコンなんてわかる訳も無かったが、昔モンスターS4に乗った時みたいに試乗だけなのにクラッチ側の手がパンパンになったり、乗りづらいとかもなかったし)、DUCATIの進化が分かるバイクでしたね。



買うのか?って?
見積もりもらったら乗りだし約170万・・・。
前みたいに試乗したら熱が冷めるはずだったんだけど、あんまり冷めなかったかも。
でも、無理だなぁ。
P1130048 (800x600).jpg
このステルスブラック、かっこいい!
でもハイパーモタードにしかないカラーなんだよなぁ。
って買う気かい!って感じだけど、買い(え)ませんよ。






そうそう、試乗中信号待ちしてたら自転車にのったスーツのおじさん?から、
「新型の水冷どうです?」
って普通に声かけられた。

どうやら、空冷のハイパーに乗っているらしく興味がすごいあるとの事。

僕も試乗中なんです、って答えたら、いつもは何を?って聞くのでBUELL XBです、と。

お互い似たようなバイクで同じのに興味を持つんですねって、言われました。
確かに・・・。

青信号と共に颯爽といなくなるはずだったのに、例のクラッチギクシャク問題でかっこつかなかった・・・。





ディーラーに戻ってからは、営業さんと談笑して
「実は10年ほど前にもこちらで試乗したんですよ」
って言ったら、
「先ほどデータを見たら12年前にS4乗りにこられてましたね」
って・・・。

当たり前かもしれないけど、ちょっとすごい。
ん?ということは試乗前にカタログいります?って聞かれてせっかくなんで、ってもらったけど、
最近DUCATIのHPからカタログ請求してダブったのもばれちゃってたのかな、恥ずかしい。


でもここのディーラーは家の近所のに比べればとても良いお店でした。
12年前にも試乗したのにBUELL買ったのを知っていて、また乗るだけかもしれないのにとても親切に対応してもらい、最後まで丁寧でした。
いつになるか、あるのかわからないけどDUCATI買うときはここで買おうって思わせただけでも、将来への投資はばっちりですよ。
それに比べて近所のは・・・、って愚痴ったら終わらないですね。



P1130046 (800x600).jpg

意外とこれも興味があったりして。



いや、次は大人しくツーリングモデルにするんだもん。
っていつになるのか。

だって、やっぱBUELLって楽しいバイクだなって再認識しちゃったしね。





で、この後は、ここまでの写真はすべて息子が撮ったのですが、長旅を付き合ってくれて立派に待っていてくれたので急きょそこから電車で30分で着くことが分かったポケモンセンター東京に行ってきました。
息子も喜んでましたとさ。



2013-07-30 16.42.37 (800x469).jpg


BUELL 洗車 [ビューエル]

今日は久しぶりに霧降高原へ走りに行こうと、お友達を誘って朝一集合。


そしたら、ぽつぽつと雨が・・・。

天気予報では雨じゃなかったのに。

せっかく集まったので、にわか雨だろうと走り出しましたが日光に近づくにつれ徐々に強くなり、
霧降に着くころには普通に雨になってました。


せっかく来たし、霧降って山頂より向こうの天気って全然違うことが多いのでそれを信じて登ります。



結果、雨はやんでいたものの路面はウェット。
走る感じじゃないので、そのまま帰ってきました。


そう、結局濡れに行っただけ。

先週に引き続きバイクはドロドロ。

CIMG2345 (800x600).jpg
こんな感じや、

CIMG2346 (800x600).jpg
こんな感じで雨降った道を走るとなんでこんなに汚れるんだろ。



しかも奥まったところに泥水が入ってスポンジではなかなか取れないし。


CIMG2347 (800x600).jpgCIMG2348 (800x600).jpg
バイク全体がこんな感じなので、洗車しました。



その洗車ですが、
CIMG2349 (800x600).jpg
先日車の洗車で紹介した、B&Yのやわかるバーブラシが大活躍。

ソフトなブラシなので傷つくことなく洗え、バイクのように凸凹ばっかりの洗車でもブラシなのでしっかり洗えます。

特にホイールなんて超簡単です。
バイクこそブラシ洗車ですよ。
B&Yのメーカーの方(いやそれ以外でも)、バイク用洗車ブラシ、開発お願いします。



細かいところには、
CIMG2350 (800x600).jpg
この細いブラシで。



しっかり洗ったので、
CIMG2351 (800x600).jpg
ドロドロだったのが無くなりました。

CIMG2353 (800x600).jpg
うーん、満足。


CIMG2352 (800x600).jpgCIMG2354 (800x600).jpg
最後はエアーで水気を飛ばし、全体を拭いたらおしまいです。


私はいつも走って帰ってきたら最低でもスプレーワックスで全体を綺麗にします。
数回に一度は水洗いで全体を綺麗にしますが・・・。
もう習慣なので、慣れました。
大事にしているのもありますが、速い人はバイクが綺麗、というのの逆をすれば速くなるかなぁと。


結局、早期にオイル漏れとかボルト落ちとかに気づくので、良いことが多いですね。




そうそう、こないだ替えたASHのミッションオイル。
あれ、最高!

今までミッションは純正のオイルしか使ってなかったけど、こんなに違うなんて!ってほどミッションのタッチが違います。
スコスコギアが入るので楽です。
今までは油温が上がるとニュートラルなんか出にくかったのですが、それも無くなりました。

この感じは、アエラもM型リンクバックステップに変えた時にタッチの変化を感じた時以来の物です。
アエラのステップとこのオイルの組みあわせは、ビューエルのミッションのタッチを普通のバイクにしてくれます。


ASHのオイルはとてもおすすめです。


赤城山ツーリング [ツーリング]

昨日、久しぶりにツーリングに行ってきました。


金曜に急きょ決まったので、少数でした(当初4人が1人減って3人でした)。


ま、少数だとフットワークも軽く、休憩時間とかも大人数に比べれば少ないのでそれはそれで有りなんですが。


行先は、赤城山。
数年ぶりですかねぇ。




ばっちりカメラも持参で行ったのですが、朝から何度電源SWを押しても起動しない・・・。



そう、電池を忘れました!
ショーック。




ということで、あっさりのレポートにしよ。

IMG_2032 (800x600).jpg
本日の3人。
DRZ-Mと、最近こうにゅうしたトライアンフのスクラストン?スラクストン?いまいち名前が覚えられない。


IMG_2033 (800x600).jpg
横から見ると、一見キャブですが、現代のバイクですからFIなんですね。
ディティールにこだわるメーカーもすごいです。


日光いろは坂を上って、金精峠を通って赤城山を目指します。
途中、金精峠にあるドライブインの名所に、
IMG_2042 (600x800).jpg
その名も金精大明神。
奥に見えるのがご神体。
男の物です。

安産祈願として祀られてます。

金精峠の由来がまたすごくて、昔々豪雪地帯のこの峠(事実今でも冬は通行止め)を超えて(何かした)男の一物がそりゃたいそう立派だったそうな。

かなりはしょってますが、こんな感じの由来がある峠なんですよ。

でもこのドライブイン、数年前までお土産コーナーがあってそこにはご神体の飴とかいろんなものがあって面白かったのに、無くなっていました・・・、残念。
おばちゃんが面白くて、「この飴、地元のおばあちゃんの手作りだから1つ1つ形がちがうんだよぉ」なんて感じでした。

あくまで、下ネタではなく神聖なものとして扱われますので誤解無く。



さて、その後は久しぶりの赤城山に入り、楽しく登って行きます。
山頂の駐車場には車やバイクがたくさん。
トランポで来ている人もいて人気のある峠道であることが分かります。



帰り道は足尾銅山を通って帰宅。
でも、帰宅途中から豪雨に当たって大変でした。
最後はびしょ濡れになって到着しました。


IMG_2051 (800x600).jpg
雨の降る前の道の駅。
ここではまだまだ暑くて大変だった。











以上、あっさりのレポートでした。


北ショートRD2 [レース]

実は2週間前の6月23日が北ショートの第2戦目でした。

DE耐優勝から1か月。
若干のプレッシャーとライバルチームへのリベンジを期待していたのですが・・・。


ライバルチームは今回も出場せず。
ということで、初戦に引き続きクラス出場が1チームのみ、勝ちも負けもない自分への挑戦のみのレースです。


こういう時に限って、去年まではレースの日だけ雨、

だったのに


梅雨時期なのにレースの日だけ晴れ、っていう良いんだか悪いんだか。





レース自体は、後半タイヤがたれてきた後の走り方の違いとか、荷重移動に重点を置いて走り収穫が意外と多くてそれはそれで楽しいレースでした。
もちろん、結果がついてくれば最高なんですけどね。




今回は、ピットに置いてあった時計が微妙に遅れてて、あと30分あると思って余裕ぶっこいていたら今からグリッド整列でーす!ってアナウンスが。

いやー、焦ったね。

急いで着替えて、ぎりぎりグリッド整列だった。



レースは、2人で90分走って、もちろんクラス1位。
P1010176 (800x600).jpgP1010186 (800x600).jpgP1010212 (800x600).jpg


次回こそはだれか出てくれないかなぁ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。