So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイエース ハンコックタイヤインプレ [ハイエース]

先日夏タイヤに交換した際、新品を履いたのは、「ハンコック HANKOOK VENTUS V12 evo K110 225/50ZR18というタイヤです。


そう、ハンコックといえばSuperGTにもスポンサーしているメーカー。 
いわゆるアジアンタイヤと侮るなかれ、最近ではメルセデスのSクラスやVWにも純正採用されるなど、性能もよさそうなイメージ。
韓国のメーカーです。


スマホ買うときは、やっぱ日本製でしょってことでSONYにしたのに、結局タイヤ買うときはそんなの忘れてハンコック買ってました。


さて、今回のVENTUS V12 evoってやつは、一応フラッグシップモデルらしくて、買った楽天のサイトではプレミアムクラスの位置づけで、スポーツセダンにおすすめっていうウリです。
別にハイエースにそんなの求めてないんだけど、ちょうど探していたサイズでそこそこ安くて良さげな奴がそれだったんです。


さて、1週間の間都内の方まで高速使ってみたりしたのでインプレを。

まず、前回のインドネシアタイヤ、ATRも不満はありませんでしたが、それよりは全然良いです。
重量が1本2キロほど重くなったのでその影響が心配でしたが、なんとなく大きなギャップを超える時にドン!って感じが大きいですが、いまいち重さのせいなのかわかりません。
今すごい軽いタイヤとホイール入れたらわかるのでしょうが、結局それしかわからなければ何とも思わないってことです。


ATRではまっすぐの時はロードノイズも少なかったけど、ステアリングを切るとウォーンウォーンって感じのノイズが出てました。が、曲がるときだけなので気にしてなかったのですが、V12は曲がるときでも静かです。
さすがスポーツセダン用タイヤってだけのことはあります。

グリップ力は、これもOK。
ガソリンのハイエースでタイヤが無くような事ってほとんど無いので、全く問題なし。
ブレーキを強めに踏んだ時の腰の強さが良くて、しっかり止まります。
この冬のブレーキ強化と相まって、初期制動からの一押し時はぐっとこらえるようになりました。

今日の雨の走行も、強めにコーナリングしましたら滑ったり鳴いたりすることもありません。

総合的に見ても、ハイエースという性格の車においてデメリットはありませんね。

ちなみに空気圧は前後3.0で走ってみました。
純正は、フロント3.0、リア3.5なのですが、リアは基本空荷だし、それでまずは様子です。


そうそう強いて言えば、エコタイヤではないので転がり抵抗は比べてはいけません。
東京の往復では思ったほど燃費がよくありませんでした。リッター8キロくらい。
おそらくガソリンハイエースでは悪くない方なんでしょうけど、感覚的にはもっと行けるかと。
これは先日入れたLLC添加剤の製で、踏むようになったのが影響している可能性も大です。

ルブルスの添加剤は、2週間経った今でも毎日効果を感じれるほどスムーズです。
アクセル踏んでからの吹け上がりがサラサラしているので、思わず踏んでしまうようになってしまいました。
今までは踏んでもザラザラとゆっくり加速していたので、どうせ、って感じで踏む気にならず。
今ではすっと加速するので思わず踏んじゃう。しかもキックダウンの反応も良くなった感じで、余計に踏む方向ですね。
なので、今までと同じように運転すれば確実に燃費はよくなるはず、とわかっているのですがね。


ということで、ハンコックはしばらく気持ちよく走らせてもらえそうな良いタイヤだというお話でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。