So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイエース プロポーショニング補正 [ハイエース]

久しぶりにハイエースネタです。


先日、車検時のついでに購入していた、プロポーショニングバルブ補正キットを組み込みました。

と言っても、
CIMG1274 (800x600).jpg
CIMG1275 (800x600).jpg
このようなプレート1枚交換するだけなのでとても簡単な作業ですけどね。

ハイエースは、1トンまで積める車なのですが、仮に1トンもの荷物を積むとさすがにケツ下がりになりますよね。
その際、普通にブレーキかけるとフロントに荷重が乗ってないので、なんとなく効きが悪そうなのは想像できます。

そういった際(後ろ下がりになったとき)に、リア側のブレーキを強めにかけてくれるっていうのがプロポーショニングバルブです。
でも、ローダウンしてしまうとずっと後ろ下がりだと思ったまま走る事になるので、普段のブレーキが若干リア側が増されている訳です。
なので、それを補正するキットが各社から出ていますし、自作も簡単なのですが今回はUIビークルさんのプレート交換タイプにしてみました。




右側リアタイヤを外し、タイヤハウスからデフを覗くと、
CIMG1276 (800x600).jpg
エキゾーストパイプの奥、赤丸部分に見える、


CIMG1277 (800x600).jpg
これがプロポーショニングバルブです。


潜ってみると、
CIMG1278 (800x600).jpg
こんな感じで付いているので、デフについているプレートを外します。
他社さんではアイボルトを交換するタイプもありますね。


CIMG1279 (800x600).jpg
外したプレートとUIビークル製のを比べると、リンク比が変わるのが分かります。



後はこれを元の通り12mmのナット3つで締めます。
CIMG1280 (800x600).jpg
これだけ。
ゆっくりやっても30分。


さて、これだと、
CIMG1285 (800x600).jpg
ボルトのネジ山の位置はノーマルのままなので、40mmダウンの車でちょうど良いらしいです。
私はブロックは2.5インチですが最近エムテクノさんのHPの通りにダウン量を計ったらほぼ3インチダウンでしたので、
約75mm程度ダウンしていることになり、UIさんのマニュアル写真と同じ量ですね。


CIMG1281 (800x600).jpg
これはノーマルのネジ山位置。
ちょうど真ん中くらいですね。
これで40mmダウンの車くらい。

なので、
CIMG1284 (800x600).jpg
ネジ山が無くなるくらいまで調整しました。
写真だと下側にまだまだネジ山ありそうだけど、汚れの問題でほぼネジ山はなくなりました。
上に真新しいネジ山が見えてますね。



さて、これで調整も完了。


その後、走らずに家に戻ってしばらくしてからお出かけ。
交換したの忘れた走り出しました、





・・・



しばらく走行して、
「そういえば交換してるんだった」
となるくらい大きな差はありませんでした。


のんびり走っているときの軽いブレーキだと差はありません。
ちょっと奥まで踏むと違うかなぁという差でした。

人によっては全然違うという人もいるので、どうなんでしょう。
今はスタッドレスってこともあって、あんまり強めにブレーキ踏まない走りなのもあるかもです。


ま、いざというときの安全を買った感じですかね。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

harukichi

へぇ~いろんな部品あるんですね!!
明らかに大きさが違うので、いざという時の効きは違いそうですね。
by harukichi (2014-02-26 23:26) 

ワンリーフ

>harukichiさん
お久しぶりです。
お仕事忙しそうですね。
ハイエースはいろんな部品があって、こんなアフターパーツまで売れるのはハイエースならではなのでは?と思います。
今回みたいに大きな差がないとちょっとショックですが・・・。
by ワンリーフ (2014-02-26 23:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。