So-net無料ブログ作成

ハイエース ブレーキローター、パッド交換 [ハイエース]

そろそろ年に1度の車検の時期のハイエース。

8万キロを超えましたが、10万キロで慣らしが終わったと言われるようなハイエースですからまだまだ快調です。


基本、大きなメンテは必要なく車検は受けれると思うのですが、今回はブレーキパッド交換のついでにローターも交換しました。
両方ともまだいけるのですが、ジャダーがひどくて・・・。

軽くペダルを踏んでもハンドルに微振動が。
これが山の下りとかで熱持ってくると、ブレーキ時にステアリングから手を放すともうブルンブルンでしたから。


しかし、ハイエースのローター交換は調べると、本職の方でもめんどくさい作業に認定するほどらしいのです。
オデッセイもローター交換したのですが、とても簡単でした。
だって、ホイール外して皿ネジ2本くらい外したら後はローター取れましたから、バイクより簡単。

ハイエースは、ハブをばらすのでまず大変。
しかも大体は固着していて簡単には取れず、場合によってはハブが破損するって書いてる人もいたりして、結構ドキドキな作業です。
だって、家の前でハブ壊れたらもう動けないですからね。



前置き長くなりましたが、いざ交換。






さてさて、今回準備したのは、
CIMG1007 (800x600) (800x600).jpg
オデッセイの時と同じ、DIXSELのローター。
CIMG1008 (800x600) (800x600).jpg
しかもタイプSDって、スリット入り。
なぜスリット入りかって?

そりゃかっこいいから。

ただそれだけです。


パッドは、
CIMG1009 (800x600) (800x600).jpg
同じDIXCELのタイプM。
これは、ダストが超低減ならしいです。

白のホイールユーザーとしてはダストには泣かされてますから、ダストは少ないやつをチョイスしました。
でもスリットローターはダスト多めになるので、いったいどっちなんだよって感じですね。
ま、相殺してノーマル同等かな?



オデの時は、めんどくさくてそのまま装着しましたが、今回は、
CIMG1010 (800x600) (800x600).jpg
ガレージに転がっていた耐熱ブラックで、


CIMG1003 (800x600) (800x600).jpgCIMG1005 (800x600) (800x600).jpg
塗ります。

でも、一応防錆塗装済みなのでさらなる保険みたいなもんです。
なので庭で適当にプシューっとしただけです。


塗り後は、
CIMG1084 (800x600).jpg
こんな感じ。
ハットの部分を重点的に塗って、ディスク面は吹いたつもりなかったのですが結局真っ黒。
どうせパッドで削れるので、そのまま装着で問題ありません。

CIMG1085 (800x600).jpg
側面も重点的に。
なんせ純正のはここすげーサビてますからね。


後は準備物としては、
CIMG1069 (800x600).jpg
スライディングハンマー。

CIMG1070 (800x600).jpg
ストレートのお正月セールで買いました。

しかも
CIMG1071 (800x600).jpg
普通に収まってますがこれはオプションで別買しました。
pcd139のハイエースにはこれが無いとダメです。




準備は整いましたので、
CIMG1062 (800x600).jpg
さて始めます。



まずは、
CIMG1063 (800x600).jpg
キャリパーを17mm2本外して取ります。
針金などでサスアームにぶら下げておきます。




そしたら
CIMG1065 (800x600).jpg
わかりづらいですが、ハブを裏から写真とった絵です。
写真右側にある17mmのボルトを4本取ります。
インパクトが入るスペース無いので、メガネをかけてハンマーでたたいて取れました。




CIMG1066 (800x600).jpg
これが取れた後。



ここからが問題のハブ外し。
CIMG1067 (800x600).jpg
これも今回用意した、ラスペネ。
これをハブの結合部分に吹いてみました。
効くのかわかりませんが、とりあえず。

10分ほど待って、
CIMG1072 (800x600).jpg
スライディングハンマーのオプションのこいつを、


CIMG1073 (800x600).jpg
ハブボルトに入れます。
が、浅くしかかかりません。


CIMG1074 (800x600).jpg






CIMG1075 (800x600).jpg
貫通のホイールナットのテーパーかかってない方を入れて、面で当たるようにします。



そしたら、いよいよ本体のハンマーを
CIMG1076 (800x600).jpg
セット。
2.2キロの重りでした。



CIMG1077 (800x600).jpg
外れて落ちた際の保護としてタオルとか敷いときます。


ここから、ドキドキしながら初めてのスライディングを。
ゴン!ゴン!と10回ほどやったら、

CIMG1080 (800x600).jpg
取れましたー!
意外とあっさり取れて、なーんだ!って感じ。

壊れるかもっていう緊張から一瞬解放(なんせまだ片方ありますから)。


CIMG1081 (800x600).jpg
外れたローターを裏からみるとこんな感じ。



CIMG1082 (800x600).jpg
14mmのボルト6本でハブとローターが締結されていますので、外します。

これはインパクトが無いと大変かも。
おさえが効かないので、ハンドツールだと回り止めが必要になるので、
ホイールにハブボルトを止めて外すとか、側溝のふたのグレーチングに嵌めて取る人もいるみたい。


インパクトなら何の苦も無くあっさり取れました。



CIMG1083 (800x600).jpg
じゃん!
このハブとローターを外すのも、有名な知恵の輪でした。
こつさえつかめば簡単です。



多くの人はついでにハブボルトを交換したりしますが、私は見送り。
なのでそのまま新しいローターをセットします。




CIMG1084 (800x600).jpg
こいつを裏返すと、


CIMG1086 (800x600).jpg
塗ってないから綺麗な銀色。


CIMG1089 (800x600).jpg
今回、6本スリットなのですが逆回転でセットするみたい。
なんとなく順方向というか正回転にセットしたくなるけどね。



CIMG1090 (800x600).jpg
14mmボルトを締めるだけ。



CIMG1091 (800x600).jpg
関係ないけど、こんなところにABSのセンサーが付いてるんですね。



後は逆の手順に組むだけなので、
CIMG1092 (800x600).jpg
セット。
意外とまっすぐセットするのも大変。
しかもハブとの4本のボルト位置を合わせながらセットするのは結構大変です。
セットしてから穴位置合わそうにも、ローターが回るだけでハブは回らないので、軽くハブをセットしたら穴位置を合わせてまっすぐ奥まで入れる感じですね。




CIMG1093 (800x600).jpg
キャリパーをセットして完了。


続いて、パッドを交換。
CIMG1094 (800x600).jpg
キャリパーの14mmのネジを外して、

CIMG1095 (800x600).jpg
持ち上げるとパッドが取れます。
車のパッド交換て簡単ですよねぇ。


CIMG1096 (800x600).jpg
8万キロ走行のパッドはまだまだ残あります。

CIMG1098 (800x600).jpg
右が新しいパッド。
ちょうど半分くらいかな?

単純に、あと倍は走れるのかな?
恐ろしや純正パッド。



CIMG1099 (800x600).jpg
ちなみに残厚みは、5.5m。


CIMG1100 (800x600).jpg
新パッドは、9.5mmでした。



CIMG1101 (800x600).jpg
もしや前のオーナーがパッド替えたのかもと思っていましたが、純正だし多分無交換でしょう。


CIMG1102 (800x600).jpg
リザーブタンクの蓋を開けて、ピストン戻してパッドを組みます。

一応純正パッドから外したプレートを再利用。
泣き止めのグリスはオデッセイの時は純正はもうこれでもか!ってくらいグリスが付いていたのにトヨタはあっさりでした。
プレート掃除楽で良かったけど。

パッドは同メーカーのエクストラクルーズはしっかり面取りされてましたが、今回のはされていなかったので軽く面取りして取り付け。



CIMG1105 (800x600).jpg
後はホイールセットしておしまい。

黒いディスクがかっこいい。
走ればすぐに銀色になりますがね。



反対側も同じようにあっさりハブが取れたので、めずらしく何の問題も発生せずに大仕事終了しました。



やっぱりスライディングハンマーがあって大正解。
あれが無ければ、取れたかどうか・・・。





両方装着して、近所のツタヤまで試走しました。
最初はディスク面の塗装のせいか止まる直前に変な音がなりましたが、強めに何度もブレーキをかけて走行。
車を降りるとディスクはすっかり銀色に。
と同時に、塗装が焼けたのか異臭がすごい。
ツタヤの駐車場でハイエースの回りだけ、なんか独特のにおいが充満してました。


効きはまだよくわかりませんが、べダルを踏んだ奥でのコントロールは明らかに違いがありそうです。



あたりが着いたらもう少し違いがでるのかな。
楽しみです。







nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

笹岡正広

突然、失礼します。
ハイエースバンKDH206Vのブレーキローター交換を
やろうと思い、情報を探してたどり着きました。
スライドハンマーは探せたのですが、PCD139の
ホイールハブプーラーはツールカンパニーストレートの
品番19-431で良いのでしょうか?
ぜひ、教えてください。

by 笹岡正広 (2016-07-19 18:55) 

ワンリーフ

笹岡さん、返信遅れてすいません。
きっとすでに購入されているかと・・・

品番あっています。
今自分の購入履歴から確認しました。

これさえあればあっという間に外れるはずですよ。
多少の知恵の輪ですが、頑張ってください。
by ワンリーフ (2016-07-27 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。